快眠安眠Tips 睡眠の時はノンアルコールビールにして眠くなるようにする

睡眠前はノンアルコールビールで

私のおすすめの快眠テクニックはノンアルコールビールを飲むことです。

原料として使用される苦みの成分ホップに優れた鎮静作用があること、
アミノ酸の一種で普通のビールにも使われるギャバが脳をリラックスさせる効果があることから、
とてもよく眠れるようになります。

やり方は夕食のときに晩酌代わりに飲むだけ。
こうすると夜中にトイレに行かなくて済み、朝までぐっすり眠ることができます。

睡眠の時はノンアルコールビールにして眠くなるようにする

寝酒は絶対におすすめしません。(⇒不眠につながる寝酒をしない、3時間前にはお酒を飲まない
ですので飲むならノンアルコールビールがいいですね。アルコールが入っていませんので、お酒好きの方は不満かもしれませんが眠りのことを考えると晩酌はノンアルコールビールにした方がいいですね。

しかも普通のビールよりも、ノンアルコールビールの方が成分的にもいいですしね。
ノンアルコールビールも原料としてホップが使用されています。
ホップはハーブの一種であり、リラックス効果で有名なラベンダーの香りと同じように、ホップにもリラックス効果があると知られています。
精神的な不安であったりストレスによるイライラを抑えてくれるわけです。

実際、リラックス目的でホップをハーブティーとして飲むこともありますし、
インドや中国医学において昔から不眠の薬草としてホップは愛用されてきました。
ホップは世界中の眠りで悩んでいる方のサポートをしてきたものだったのです。

ノンアルコールビールでもいいですし、ホップティーでもいいですし寝る前に飲んでみると良いでしょうね。

 

そして同じ飲み物であれば、よりおすすめな睡眠サポート飲料があります。
ホップのような睡眠サポートをしてくれる成分を沢山配合しています。
体に良くない添加物も入っていませんので、より睡眠の質を高めたい方におすすめですよ。
睡眠サプリで快眠や安眠をサポート

快眠安眠Tips 頭を空っぽにして、何も考えずに寝床につく

ぼーっとして睡眠する

私のおすすめの快眠テクニックのやり方は何も考えずにベットに入って寝る準備、姿勢をするだけです!
こうすると疲れていなくても自然を意識が飛び寝れます。
考え事をしてはダメ!ためらってもダメ!ボーっとしながらベットに入ってください!
気づいたら寝てますから!
騙されたと思って実践してみては?

頭を空っぽにして、何も考えずに寝床につく

とりあえず何も考えずベッドに入って布団かぶる。
実はこれでもだいぶ眠気が来たりします。寝る時間になったら、なにはともあれ寝床についてみましょう。

意外と気づきにくいのですが、ふとんをかぶって横になるだけで自然と体の筋肉がゆるみます。
そうやって体がリラックス状態となりますので、あとは眠気が来るのを待つだけです。

 

ちなみにおすすめなのは、目を開けたまま寝床につく方法です。
目をつむったまま寝た場合、寝付けないと「あー、眠れない…」とイライラしてしまいます。
あせりやイライラは精神的に興奮する原因となりますので、余計に不眠となります。

ですが最初から目を開けたままだと、寝ようとしている状態とは違います。
なので「眠れない…」と考えることも結構ありません。寝ようとしてませんからね。
このようにして、ずっと目を開けたままにすると次第にまぶたが閉じてきます。
そして頭のなかがぼんやりしてきて、耳から聞こえる音も遠くなって、気づいたら眠っています。

ヘンテコなテクニックですがなかなかいいですよ。お試しください。

それと頭がポーッとするような睡眠サプリもオススメです。要はリラックスをサポートしてくれるのですが相性は抜群ですね。

快眠安眠Tips 眠れない時はテレビをつけたままにして寝る

テレビをつけたままだと眠れる

寝つきが悪い私のおすすめの快眠テクニックはテレビをつけたまま寝ることです。
いざ寝ようとすると寝付けないのに、テレビを見ているとうたた寝してしまうことがあるので、試したところ上手く寝つけました。
やり方は、少し小さめの音でテレビをつけておき、30分ほど先を設定したオフタイマーにしておくだけです。
こうするとタイマーが切れるまでには寝つけているようで、朝まで熟睡できています。

眠れない時はテレビをつけたままにして寝る

なかなかユニークな方法ですね。
他人からするとだらしなくてマナーの悪いように見えますが、寝るときには結構使えます。
テレビをつけたままソファーでくつろいでいたら、いつのまにか寝ていたという方も多いのではないでしょうか。

テレビを見てくつろぐことは一種のリラックス状態になっているといえます。
リラックスの状態を作ることは睡眠にとっては重要ですので、(⇒不安を翌日に持ち越さないで、不眠を改善⇒お風呂あがりにソファー等でくつろいで、体温を下げる
なかなかリラックスできない時はテレビを見ながらボーっとするのが良いかもしれません。なおリラックスをサポートする成分が配合した睡眠サプリなども併用するとよりいいでしょう。

テレビをつけっぱなしだと電気代が無駄なのでタイマー機能を使う

ちなみにテレビをつけっぱにして寝ると電気代が無駄になりがちです。
そんな時はタイマーにするのがいいでしょう。
最新のテレビだとタイマー機能が付いていると思いますのでフル活用しましょう。

テレビ番組以外でも、パソコンやラジオ番組でも良いかもしれませんね。
雑談系のラジオ番組やネットコンテンツを再生しながら部屋の電気を消して寝る方法もありでしょう。

その時は当然ながらパソコンやラジオのタイマー設定もお忘れずに。

快眠安眠Tips 睡眠前にストレッチをして快眠のための眠気をUP

ストレッチの眠気

眠れないときは、ゆっくりとストレッチするのが私のおすすめの快眠テクニックです。
やり方は、深呼吸しながら無理のない程度に上体を曲げたり、脇腹を伸ばす様に動かしたり、ひねったり自分が気持ちいいと思うストレッチで大丈夫です。
こうすると、体が温かくなって眠りやすくなすのでよろしければ実践してみて下さい。

睡眠前にストレッチをして快眠のための眠気をUP

ストレッチをすることで血液の循環がよくなり、ポッと体温があがります。
それに加えて少しではありますがストレッチの疲労感も蓄積されます。

寝る前の体温や疲労感は快眠のためには重要ですので、(⇒睡眠前にぬるめのお湯のお風呂に入って眠くなる)(⇒睡眠前に軽く運動をして快眠の為の疲労をためる
)眠気を呼ぶストレッチは理にかなっていますね。

ちなみに寝る前のストレッチは副交感神経に働きをかけてくれます。
要はリラックス効果もあるということです。
寝る前のリラックスは非常に重要ですので(⇒不安を翌日に持ち越さないで、不眠を改善)、ストレッチを寝る前の習慣としてぜひともお試しください。さらにストレッチが終わったら睡眠をサポートしてくれる快眠安眠サプリメントなども摂取しておくとより良いと思います。

類似の睡眠快眠方法

寝る一時間前に体幹ストレッチを行う

私のおすすめの快眠テクニックのやり方は寝る1時間前にストレッチを行う事です。
あまり激しいストレッチをやりすぎると逆に目が覚めてしまうので、
軽めの体幹トレーニングに近いものを行っています。
四つん這いになり、片手片足別々を伸ばす事で体が伸びて、腹筋背筋も鍛えられます。
こうすると、地味に疲れるので程よく眠くなります。

快眠安眠Tips 寝室の室温を調整して、睡眠しやすい温度にする

睡眠の室温を図る温度計

私のおすすめの快眠テクニックは、眠る部屋を適温にする事です。
例えば暑い夏に、暑さを我慢しても、寝汗が気になり深い眠りにつけません。
寒い冬も同じことが言えます。適温睡眠のやり方は至ってシンプル。
エアコンを使って自分が適温と感じる温度に設定するだけです。
こうすると、暑さ寒さの余計なストレスを感じませんので、熟睡できます。

寝室の室温を調整して、睡眠しやすい温度にする

室温を適度に保つことは睡眠に良い環境を作ることになります。
寒くて眠れなかったり熱くて寝苦しいと、睡眠どころか眠気も来ないでしょう。
ですから寝室の室温を適温にするのはいいですね。

室温を何度にすれば睡眠に良いのか…というのは人それぞれです。
その人が快適と感じる温度にするのがベストです。
人それぞれ基礎体温が異なりますから、一概に「この温度にすれば良い」というのは難しいですね。寝室の壁の設計のこともありますし、室温の他に湿度も重要になってきます。

ですが、目安はありますので夏場(暑い時期)と冬場(寒い時期)の一応目安の室温を紹介します。(空気調和の理論に基づいています)

夏に睡眠に適した室温とは

夏は25~27度にエアコンを設定しましょう。湿度は60%くらいになるようにします。
そして風通しを良くするために扇風機も用意しましょう。
扇風機の風は体の上をかすめるくらいにします。(風が体に直接当たると寝冷えになることもありますので)

それと着るものも通気性のよい素材のものを選びましょう。
わきの下や太もも近辺は熱や空気がこもりやすく、寝苦しい原因になります。

冬に睡眠に適した室温とは

冬は18度~24度くらいにエアコンを設定しましょう。湿度は50%くらいです。
冬はかなり乾燥しやすい時期ですので加湿器は必須ですね。
ちなみに省エネを推進している政府推奨の設定温度は20度です。

それと冬場は寒いので体や手足を温めて寝るのが良いですよ。

こんな感じですね。まずは上記の温度設定をして、あとはご自身が快適と思う温度に微調整していきましょう。同時に他のテクニックが合わせて使ったり睡眠サプリメントなども摂取して、より睡眠にいい環境を整えましょう。