快眠安眠Tips 部屋の明かりを薄暗くして安心できる睡眠環境を作る

睡眠の明かり

ぐっすり眠るための私のおすすめの快眠テクニックは、部屋を真っ暗にせず、少しの明かりを残しておくことです。
小さな頃から真っ暗にしていて夜中に目が覚めると、その後に恐くて眠れず、今もその癖が残っています。
やり方はその時々の照明器具にもよるのですが、今は部屋の照明の豆電球をつけています。
こうすると夜中に目が覚めても、またすぐに眠りにつくことができます。

部屋の明かりを薄暗くして安心できる睡眠環境を作る

消灯した時の暗闇に対して不安を感じる場合は、豆電球のような明かりをつけておくのもいいでしょう。精神的な不安を取り除くのは大切なので(⇒不安を翌日に持ち越さないで、不眠を改善)明かりをつけて安心できる睡眠環境を作りましょう。精神的なリラックス効果もサポートしてくれる睡眠サプリメントで快眠や安眠を目指すのもオススメです。

ちなみに部屋が明るいと眠れない方もいるでしょう。たしかに通常の部屋の明かりであれば寝にくいかもしれません。強い光は眠気を覚ます効果もあります。

ですが、間接照明や常夜灯のような豆電球のぼんやりとした明かりであれば問題ありません。むしろ薄暗いぼんやりした明るさが、暗闇よりもよかったりするかもしれませんね。
寝る前の30分くらい前から薄暗い明かりにすると、次第に眠気がきます。

自分がまぶしくない明るさであれば、どんな明るさでも大丈夫です。

こちらのアロマランプもそうですが、部屋をぼんやりとした明るさにするのはおすすめですよ。
(⇒睡眠効果のあるアロマランプで不眠対策

快眠安眠Tips 次の日起きる時間をしっかりと決める

睡眠 起床時間

私のおすすめの快眠テクニックは、起床の時間をしっかりと決めることです。
翌日の起床の時間が決まっていない休日の前の夜などは、意外と寝つきが悪いもの。
やり方は単純明快。次の日の起床時間を決めるだけです。
こうすると、脳味噌が眠る必要性を感じておのずと寝つきがよくなります。

次の日起きる時間をしっかりと決める

一日は起きることから始まります。ですので毎日の起床時間をしっかり決めればおのずと眠る時間も決まってきます。

そうすることで日々の生活リズムが整っていき、眠りも安定してくるでしょう。

眠りで悩む方はわりと生活リズムが整っていない(夜更かし、1時間以上の昼寝、寝坊している)ことが多いです。まずは起床時間を決めて日々の計画を立てていきましょう。

 

ただし、注意点があります。

起床時間を決めたとしても、なかなか寝付け無いときは「ああ、早く寝ないと…」焦ってしまって余計に眠れなくなります。精神的にリラックスしないとなかなか寝付けませんので、(⇒不安を翌日に持ち越さないで、不眠を改善)心はリラックスしたままで当サイトのいろんなテクニックをためしてみてください。寝る1時間前くらいに睡眠サポートの快眠安眠サプリメントを飲むのも良いかもしれませんね。

 

類似の睡眠快眠方法

寝る時間、起きる時間を保って睡眠のリズムを整える

私のおすすめの快眠テクニックは大変簡単です。
やり方は毎日同じ時間に起きて、同じ時間に寝ることです。

こうすると睡眠リズムが整うので夜になると自然と眠くなって心地よい睡眠が取れるようになります。
仮に仕事やお付き合いなどで夜寝る時間が遅くなった日でも翌朝に起きる時間は同じにします。
こうすると常に良い睡眠が保てるので私はずっと続けている次第です。

快眠安眠Tips 不眠につながる寝酒をしない、3時間前にはお酒を飲まない

寝酒 不眠

快眠に関してですが、寝酒はしないようにしています。
本で読んだのですが寝酒は睡眠を浅くするもので、快眠とは程遠い習慣であると読んだことがあります。

「寝酒はぐっすり眠れる」と言う人を知っていますが、
その人は明らかに思考回路と顔色が変で、正直関わりたくないです。(それが寝酒のせいなのかはわかりませんが)
まわりの健康な友人で寝酒している人はゼロであり、寝酒は眠りに良くないのかもと思います。

不眠につながる寝酒をしない、3時間前にはお酒を飲まない

寝酒はいいものである、という時代があったかもしれません。
しかし近年の研究では寝酒は良くないことがわかってきました。

お酒を飲むと脳は興奮状態になります。
これはアルコールが脳を興奮状態にする物質であるアドレナリンを放出するためです。
お酒を飲むと気持ちが良くなったり、自分を偉く感じるのはこのためです。

快眠や安眠を考えた場合、心身ともにリラックスする必要があります。
それなのに脳を興奮させる飲み物を飲んでいては、ぐっすり眠れるはずがありません。
しかもアルコールは利尿作用があり、体が脱水症状の状態となっています。
仮に眠れたとしても、眠りが浅いため疲れがとれにくいのです。

「寝酒でぐっすり眠れる」というのはその人の勘違いで、単純に脳がアルコールで麻痺しているためです。
酔っぱらいが正しい判断をできるはずがありませんよね。

ということで、寝酒は快眠安眠には良くないです。

アルコールを飲む場合は少なくとも寝る3時間前にはストップしましょう。
アルコールの分解時間は一概にはいえませんが、350ml缶チューハイのアルコールを分解するのに3時間ほどかかります。当然ですがそれ以上のお酒を飲んだ場合はさらに分解に時間がかかります。

アルコールは早めに切り上げて、明日にそなえてぐっすり眠るのがいいですよ。またはノンアルコールビールにしたり(⇒睡眠の時はノンアルコールビールにして眠くなるようにする)、安眠や快眠をサポートしてくれる睡眠サプリメントを飲むのが良いでしょう。

 

 

快眠安眠Tips 15分の睡眠時間の昼寝をする

昼寝 睡眠

私のおすすめの快眠テクニックのミソは昼間にあります。
やり方は昼間に15分程度の昼寝を挟むという事です。実際に眠らなくても、目を閉じていても大丈夫です。
こうすると、夜の眠気も程よく12時前後に来る様になりますし、眠り自体もかなり深くなります。

上手な睡眠時間の昼寝は夜の睡眠の質を高めてくれる

お昼寝を上手に使うことで、夜の睡眠もいいものにすることができます。一般的に昼寝の睡眠時間は10分~20分がいいでしょう。この時間で昼寝を完了させるためには、あらかじめタイマーやアラームをセットしておくことです。

 

ちなみに、昼寝をがっつり取ると夜の眠りに支障が出ます。昼寝がよくないと思う方は、おそらく昼寝の時間が長いのが原因です。(私も1時間ほど昼寝をして夜眠れないという経験を何度もしています…)

昼寝時間を15分に調整するのが無理そうだったらお昼寝しないという方法がオススメです。

快眠安眠Tips 早起きして昼寝、二度寝をしない

「昼寝すると眠れない…」というかたは、まずはお昼寝の時間の見直しをしましょう。

快眠安眠Tips 冷え対策として靴下をはいて寝る

靴下 睡眠

私は眠るときに靴下をはいて眠っています。
これでかなりぐっすり眠れます。
靴下は温かいなら何でもOKです。女性ならむくみ靴下でもいいですね。

というのも、足元が冷えているとまったく眠れないので
冬場は完全に必須ですね。

靴下を履いて冷え対策して、健康的な睡眠を

秋、冬など寒い時期に効果的なテクニックです。

雪国の方は経験があると思いますが、足が冷たいとどうやっても寝付けません。
ところが足が温まり、布団の中もポカポカになると眠れるようになります。
これは足元の温度と睡眠が関係しているからです。

足元の冷えは睡眠に悪影響を及ぼします。

ですので寒い時期はふんわりした靴下などを履いて寝ましょう。モコモコとした、足を包んでくれるタイプであればいいですね。(通常の靴下であれば、締め付けによって血行が悪くなったりしますので)
寝やすさが格段に違ってきます。

 

女性であれば『足のむくみ対策靴下』のような製品を使えば、温まってむくみも取れて一石二鳥です。足元をポカポカにすることで、健康的な睡眠に近づきます。

子供のお持ちの方や妊婦さんにもぜひ試していただきたいです。

類似の睡眠快眠方法

厚手の靴下を履いて寝る

私のおすすめの快眠テクニックは、靴下を履いて足元を温めながら眠る方法です。
やり方は、厚手の靴下を履いた状態で布団に入って眠るだけ。
冷え性の私は、足元から冷えてきて眠気が覚めますので、こうすると足元が冷えずにぐっすりと眠れます。