快眠安眠Tips 不安を翌日に持ち越さないで、不眠を改善

不安 不眠
私のおすすめの快眠テクニックは、翌日に不安を残さないことです。
やり方は簡単、翌日の外出準備、部屋の整理整頓、やり残した作業などを、寝る前に済ませてしまうようにするだけです。
こうすると、明日の朝早く起きてやらなければいけないという不安感が残らず、起床時間までしっかりと眠ることができ、翌朝目覚めてから外出までの時間も心に余裕が持てます。

不安を翌日に持ち越さないで、不眠を改善

精神的な不安は不眠につながります。そして寝る時の精神的な不安が慢性的につづくと不眠症になります。不眠症でお悩みの原因として多いのが精神的な不安です。
ですので寝るときに心理的な不安を残さないことは大事ですね。

すべての不安を取り除くのは難しいかもしれませんが、できることからはじめてみましょう。

どうしても不安で眠れない時の対処は?

ちなみに自分一人ではどうにもできない不安もあると思います。

どうにもならない以上、悩んでも仕方ないので「まぁ、いっか」という感じで、良い意味でテキトーになるのがいいと思います。

また、寝床に付いている時に『今日あった良いこと』を3つ思い出してみましょう。

  • ご飯がおいしかった。
  • 新しい本を読んだ。
  • 昨日よりも仕事がちょっと前進できた。

などなど些細な事でOKです。
あとは楽しい空想の世界に入るのもいいでしょう。
こうすることで気分が不安を頭のなかから追い出すことができ、なおかつ前向きな気持ちでに寝ることができるのです。

それと不安を落ち着かせる睡眠サポート飲料睡眠サプリもありますので、飲んでみると良いでしょう。

睡眠サプリのおすすめランキング、快眠や安眠の質を睡眠サプリメントでサポートしよう!

不安による自律神経の乱れを落ち着かせてくれるサポートをしますよ。
不安で眠れない時の対処の一つとして活用してみましょう。

類似の睡眠快眠方法

寝る前にできることを済まして熟睡

私のおすすめの快眠テクニックですが、iPhoneでやらなければならない事を晩御飯までにするようにしました。
やり方は至って簡単でやるべき事が終わったら電源を落とすだけです。
こうすると熟眠できるようになりました。

快眠安眠Tips 早起きして昼寝、二度寝をしないで眠れない対策

快眠 二度寝しない

私の快眠安眠の方法ですが、早起きして二度寝や昼寝をしないことです。
これだけで不眠で困らなくなりました。

学生時代になかなか眠れないという経験をしたことがあります。
そのときは夜更かしをして、授業で居眠りという最悪な組み合わせをやってました。(;´∀`)

でも早起きをして授業中に居眠りをしなくなった途端に、ぐっすり眠れるようになりました。
ちゃんとやれば夜に起きていられなくなります。

昼寝や二度寝で眠れないなら、まずはそこから改善してみよう

これはとても重要ですね。
二度寝や昼寝は気持ちが良いので、ついついやってしまいがちです。
眠気に勝てないという方もいらっしゃるでしょう。

ですが、うっかり寝すぎてしまい夜に目が冴えてしまうということにつながります。これが眠れない原因になりがちです。
二度寝や昼寝をするときはいいのですが、後々困るパターンです。
ですので、可能な限り二度度や昼寝はしないようにしましょう。

ちなみに昼寝は時間を決めれば効果的になります。
どうしても眠い場合は昼寝の時間を決めて行うようにしましょう。
15分程度の昼寝時間がいいとされています。
目覚ましをかけて昼寝をしましょう。

快眠安眠Tips 15分の睡眠時間の昼寝をする

30分以上は夜の不眠になりやすいです。

それさえ守ればぐっと夜の睡眠がしやすくなります。睡眠サプリメントなどで快眠や安眠をするなら、まず睡眠時間を長すぎないように心がけるべきです。

 

類似の睡眠快眠方法

今までの起床時間を1時間早めて早起きを習慣化する。

私のおすすめの快眠テクニックは、起床時間を1時間早めることです。
やり方は、毎朝の起床時間を1時間早めるだけです。
こうすると、脳が自然と睡魔を感じ、更に深い眠りにつくことができます。
早寝早起きの良いスパイラルも生まれます。