快眠安眠Tips 寝る前に難し目の読書をして脳味噌を活発につかう

読書 快眠

私のおすすめの快眠テクニックは、脳味噌を活発に使って睡魔を誘発する方法です。
やり方は、眠る前に読書などをして、意図的に脳を疲れさせます。
こうすると、自然と睡魔が襲ってきますので、あとはそのまま眠りにつくだけです。

寝る前に難し目の読書をして脳味噌を活発につかう

読書をしているとついつい眠くなってしまう方も多いでしょう。
眠くなるのが授業中であれば困りますが、眠る前であればいいですよね。
簡単な本だと脳は疲れませんので、レベルの高い本を選んでください。
読書の睡魔の力を活用してみましょう。

電子書籍ではなく、紙の本を読もう

注意点は電子書籍ではなく、紙媒体の本を使うことです。

最近では電子書籍も登場しており、電子端末で文章を読むことも可能になりました。
しかし電子書籍は画面から光を放っており、人間はまぶしい光を見ると目が冴えてしまうのです。(夜に部屋の電気を消して暗闇にすると電子書籍がいかに光を放っているかわかります)ですのでまぶしくない紙の本であり、なおかつ読むには脳を使う(難し目の)本を読んでみましょう。

お風呂あがり(⇒http://www.kitaqsigns.com/ohuroagari-suimin/)に睡眠や安眠快眠をサポートするサプリメントを飲んで、紙媒体の読書…といったように合わせ技で試してみましょう。

類似の睡眠快眠方法

勉強や仕事で睡魔を誘発して眠る

私のおすすめの快眠テクニックは、睡魔を誘発して眠る方法です。
やり方は、とにかく勉強や仕事をして脳を疲れさせることです。
なぜか目が冴えて眠れない時などたまにありますが、その時は脳味噌が活発に活動している証拠なので、
逆に勉強や仕事をしたり脳味噌をフル回転させます。
こうすると必然的に脳が疲れを感じて、睡魔を誘発して快眠できます。

文庫本などを読んで眠くなるのをまつ

私のおすすめの快眠テクニックは寝る前に本を読むことです。
やり方は簡単で、字が小さ目な文庫本をベットで読むようにしています。
こうすると小さな字を読もうとして自然に目が疲れて眠気が出てきます。
この時の眠気を逃さずに寝入ることができれば、しっかり朝まで眠ることができています。