快眠安眠Tips 不眠につながる寝酒をしない、3時間前にはお酒を飲まない

寝酒 不眠

快眠に関してですが、寝酒はしないようにしています。
本で読んだのですが寝酒は睡眠を浅くするもので、快眠とは程遠い習慣であると読んだことがあります。

「寝酒はぐっすり眠れる」と言う人を知っていますが、
その人は明らかに思考回路と顔色が変で、正直関わりたくないです。(それが寝酒のせいなのかはわかりませんが)
まわりの健康な友人で寝酒している人はゼロであり、寝酒は眠りに良くないのかもと思います。

不眠につながる寝酒をしない、3時間前にはお酒を飲まない

寝酒はいいものである、という時代があったかもしれません。
しかし近年の研究では寝酒は良くないことがわかってきました。

お酒を飲むと脳は興奮状態になります。
これはアルコールが脳を興奮状態にする物質であるアドレナリンを放出するためです。
お酒を飲むと気持ちが良くなったり、自分を偉く感じるのはこのためです。

快眠や安眠を考えた場合、心身ともにリラックスする必要があります。
それなのに脳を興奮させる飲み物を飲んでいては、ぐっすり眠れるはずがありません。
しかもアルコールは利尿作用があり、体が脱水症状の状態となっています。
仮に眠れたとしても、眠りが浅いため疲れがとれにくいのです。

「寝酒でぐっすり眠れる」というのはその人の勘違いで、単純に脳がアルコールで麻痺しているためです。
酔っぱらいが正しい判断をできるはずがありませんよね。

ということで、寝酒は快眠安眠には良くないです。

アルコールを飲む場合は少なくとも寝る3時間前にはストップしましょう。
アルコールの分解時間は一概にはいえませんが、350ml缶チューハイのアルコールを分解するのに3時間ほどかかります。当然ですがそれ以上のお酒を飲んだ場合はさらに分解に時間がかかります。

アルコールは早めに切り上げて、明日にそなえてぐっすり眠るのがいいですよ。またはノンアルコールビールにしたり(⇒睡眠の時はノンアルコールビールにして眠くなるようにする)、安眠や快眠をサポートしてくれる睡眠サプリメントを飲むのが良いでしょう。