快眠安眠Tips お風呂あがりにソファー等でくつろいで、体温を下げる

お風呂あがり 睡眠

私のおすすめの快眠テクニックは、体温が下がり始める頃に自然に生じる眠気を利用することです。

やり方は、入浴後にすぐ髪を乾かし、その後ソファーなどのくつろげる場所で休憩します。
こうすると、ゆったりした気分の状態で体温が下がり始め、眠気が出てくるので、この機を逃さずベッドに入れば、スムーズに寝付くことができます。
私もよく寝付けずにいつの間にか朝なんて事も。でも、この方法でぐっすり。

お風呂あがりにソファー等でくつろいで、体温を下げる

お風呂で体温が上がった後、時間をかけて体温を下げるといい感じに眠気がきます。
銭湯などで体が温まったあと、しばらくぼーっとすると眠気が来ますよね。
それを活用してみましょう。

お風呂あがりって眠れない…という方もいるかもしれませんが、その原因はお風呂が熱すぎるためです。
熱すぎると体が覚醒してしまい、眠気がさめてしまうのです。
熱々風呂の場合はすぐに眠気は来ないので、そんなときは体温が下がるのに2時間位かけてゆったりします。

ちなみに、お風呂あがり時の注意点は体温を下げ過ぎないことです。
あまりに体温を冷ましすぎると今度は逆に眠気が吹き飛んでしまいます。
ポカポカと、ほどよい体温でベットに入るのがベストですよ。(気持ち良すぎてソファで寝ないようにしましょう)

お風呂あがりの水分補給に、睡眠サポート飲料や睡眠サポートサプリメントを飲むとさらにいいでしょう。飲んでよかったものを紹介していますのでお試しください。

類似の睡眠快眠方法

お風呂で体を温めたあと、じっくりと体温を下げる。

私のおすすめの快眠テクニックは、お風呂で十分に体を温めることです。
そして、時間をかけて体温を冷ましていき、体のポカポカがなくなるころにベッドに入ります。
やり方はこれだけで、こうするとベッドに入った瞬間、睡魔に襲われ、気がつくと質の高い睡眠を取っています。