快眠安眠Tips 寝室の室温を調整して、睡眠しやすい温度にする

睡眠の室温を図る温度計

私のおすすめの快眠テクニックは、眠る部屋を適温にする事です。
例えば暑い夏に、暑さを我慢しても、寝汗が気になり深い眠りにつけません。
寒い冬も同じことが言えます。適温睡眠のやり方は至ってシンプル。
エアコンを使って自分が適温と感じる温度に設定するだけです。
こうすると、暑さ寒さの余計なストレスを感じませんので、熟睡できます。

寝室の室温を調整して、睡眠しやすい温度にする

室温を適度に保つことは睡眠に良い環境を作ることになります。
寒くて眠れなかったり熱くて寝苦しいと、睡眠どころか眠気も来ないでしょう。
ですから寝室の室温を適温にするのはいいですね。

室温を何度にすれば睡眠に良いのか…というのは人それぞれです。
その人が快適と感じる温度にするのがベストです。
人それぞれ基礎体温が異なりますから、一概に「この温度にすれば良い」というのは難しいですね。寝室の壁の設計のこともありますし、室温の他に湿度も重要になってきます。

ですが、目安はありますので夏場(暑い時期)と冬場(寒い時期)の一応目安の室温を紹介します。(空気調和の理論に基づいています)

夏に睡眠に適した室温とは

夏は25~27度にエアコンを設定しましょう。湿度は60%くらいになるようにします。
そして風通しを良くするために扇風機も用意しましょう。
扇風機の風は体の上をかすめるくらいにします。(風が体に直接当たると寝冷えになることもありますので)

それと着るものも通気性のよい素材のものを選びましょう。
わきの下や太もも近辺は熱や空気がこもりやすく、寝苦しい原因になります。

冬に睡眠に適した室温とは

冬は18度~24度くらいにエアコンを設定しましょう。湿度は50%くらいです。
冬はかなり乾燥しやすい時期ですので加湿器は必須ですね。
ちなみに省エネを推進している政府推奨の設定温度は20度です。

それと冬場は寒いので体や手足を温めて寝るのが良いですよ。

こんな感じですね。まずは上記の温度設定をして、あとはご自身が快適と思う温度に微調整していきましょう。同時に他のテクニックが合わせて使ったり睡眠サプリメントなども摂取して、より睡眠にいい環境を整えましょう。