快眠安眠Tips 部屋の明かりを薄暗くして安心できる睡眠環境を作る

睡眠の明かり

ぐっすり眠るための私のおすすめの快眠テクニックは、部屋を真っ暗にせず、少しの明かりを残しておくことです。
小さな頃から真っ暗にしていて夜中に目が覚めると、その後に恐くて眠れず、今もその癖が残っています。
やり方はその時々の照明器具にもよるのですが、今は部屋の照明の豆電球をつけています。
こうすると夜中に目が覚めても、またすぐに眠りにつくことができます。

部屋の明かりを薄暗くして安心できる睡眠環境を作る

消灯した時の暗闇に対して不安を感じる場合は、豆電球のような明かりをつけておくのもいいでしょう。精神的な不安を取り除くのは大切なので(⇒不安を翌日に持ち越さないで、不眠を改善)明かりをつけて安心できる睡眠環境を作りましょう。精神的なリラックス効果もサポートしてくれる睡眠サプリメントで快眠や安眠を目指すのもオススメです。

ちなみに部屋が明るいと眠れない方もいるでしょう。たしかに通常の部屋の明かりであれば寝にくいかもしれません。強い光は眠気を覚ます効果もあります。

ですが、間接照明や常夜灯のような豆電球のぼんやりとした明かりであれば問題ありません。むしろ薄暗いぼんやりした明るさが、暗闇よりもよかったりするかもしれませんね。
寝る前の30分くらい前から薄暗い明かりにすると、次第に眠気がきます。

自分がまぶしくない明るさであれば、どんな明るさでも大丈夫です。

こちらのアロマランプもそうですが、部屋をぼんやりとした明るさにするのはおすすめですよ。
(⇒睡眠効果のあるアロマランプで不眠対策